皆様の住まいづくりは一生に一度の大切な出来事です。

 
10通りの家族があれば10通りの住まいづくりがあるのが自然であり、それならば土地探しも各々のご家族の個性が出るべきです。
 
しかしながら現状の住まいづくりは、ほとんどが駅前の不動産屋での、あなたの「なんか良いの無いの?」から始まり、不動産屋に紹介されたチラシの中から気に入った物件をあなたが選ぶというパターンに帰結しています。
 
これと異なるパターンがあっても良いと思うし、実際、私たちがお手伝いしてきた住まい作りや土地探しはまさに千差万別です。
 
数千万円の買い物をしようとしているのです。「なんか良いの無いの?」で本当に良いものが出てくれば世話はなく、この一言が全ての間違いの始まりなのです。
 

 まず 実績を見る -家づくり物語

 
十人十色。100人100通りの住まいづくり事例から代表的なものをキーワードによってある程度類型化し、まとめてみました。皆様の参考になれば幸いです。
 

 先に 不動産コンサル的理論を読む 

 
-住宅用地購入で失敗しないための基礎知識-
建てる家のことを考えずに、住宅用地を買って大丈夫?
建築家・専門家に住宅の相談・依頼をするのは、土地を購入した後・・ と思っていませんか?
 
「あなたの家づくりにとって適切な土地」を選ぶためには、土地ごとに異なる建築法規・施工性・インフラ状況など専門的なチェックが不可欠です。
さらに、土地・建物・付帯費用のバランスが適切かどうかのチェックも重要です。
 
不動産業者は、あなたの家づくりのために適切なアドバイスをくれる専門家ではありません。”営業の”プロなのです。 
 

続きはコチラ

 土地探しの進め方を確認する

 
*どうやって依頼をすればいいの?
*一度試してみることはできる?
*依頼をしたら、どうやって進めていくの?
*一般的な不動産業者と何が違うの?
*費用はどのくらいかかるの?
*設計も依頼しなくちゃいけないの?    etc...
 

コチラでチェック!